施設紹介

恵まれた自然環境・充実した施設

創立40周年を記念して園舎を移転新築、平成9年4月より新園舎にて保育を開始しました。

約10,000m²の広大な園地に建つ約1,470m²の夢のある園舎は、平成14年度第20回福島県建築文化賞特別部門賞の 栄に浴し、250台収容の駐車場など次々と設備が進む園環境は、県内屈指の保育施設と高い評価を得て、多くの方々の視察をいただいております。

西に桜の城山、眼前に雄大な安達太良連峰を仰ぎみる絶好のロケーションや、田んぼと自然が残る周辺の環境は幼児期の心身の発達に 最大の効果を発揮しています。

また、園舎北側には市立大森小学校が、東方500メートルには県立明成高校が、更にその手前には福島 県赤十字センター、済生会病院があり、福島市の文教地区として目ざましい発展が進んでいます。 国道13号西道路(40m道路)が本園近くに開通しましたので、今後は住宅の増加とともに本園への注目と期待が 大きくなるものと思われます。

園児定員(220名)に必要な設置基準の約2倍の建築面積をもつ園舎には、50m²の教室10クラスの他、 237m²の大ホール、60m²の会議室(和室)、医務室、調理室、シャワー室、応接室などが配置されています。
2.5mの幅広廊下、全室木造仕上げ、トップライトによる自然採光などは、園児にやすらぎとぬくもりを与え、教育効果を高めています。 また、広い園内でも園児の外の様子が全教室から見渡せるよう、安全にも最善を尽くしています。

令和2年度からフルーツガーデンがオープンし、フルーツ王国ふくしま自慢のくだもの9種類の果樹を育てています。

花と緑に埋もれた子どもの園、福島ルンビニー幼稚園は自然との調和が幼児教育にもっとも 重要と考え園内の環境整備に力を入れてきました。除染された園内では鳴く鳥、舞う蝶、集まる虫たちすべて自然のままです。

花と鳥と触れ合いながら園児たちは生命の大切さを学んでゆきます。

ルンビニーの花園で生まれたおしゃかさまのやさしい感性が、この園内で子どもたちにそなわるように、 更に美しさを求めていきます。



保育室

どの教室でも明るく広いよ


7m×7mの保育室は全室木造仕上げ、トップライトによる自然採光で明るいお部屋になっています。
平屋の建物は木造で、木の香りが漂い、2.5m幅の廊下が縁側の役目もします。
教室の前から出入りができる構造は避難時も役立ちます。
全保育室にエアコンを設置しています。



幅広廊下


2.5mの幅広廊下は縁側の役目をし、保育室以外の安心なスペースの1つです。 保育室からすぐ園庭へ出入りできますし、職員室からどのお部屋までも行くことができます。



ルンビニーホール

発表会もホールでします


ステージを備えた広いホールは、入園式、卒園式の他、礼拝、発表会など各行事で多目的に利用されています。
イスやジュータンを使って300人の収容が可能ですので、思い出をいっぱい作ることができます。
雨の日はおゆうぎ室として、体を動かすのに最適なルンビニーホールがみんな大好きです。



グラウンド


ルンビニー幼稚園が誇りとする施設のひとつが広々とした園庭です。拡張を進めた園地は約10,000m2(3,000坪)を有し、砂地のグラウンドの他に、 第二園庭ルンビニーサンガーデンがあり、花と緑に溢れた園庭で四季を楽しむことができます。

園庭にはぞうさんお山や市内最大級の室内型砂場を始め数々の遊具を揃え、教育の中心となる遊びの質を高め、幅を広げるよう配慮してあります。また、 花壇や小鳥の森、菜園(畑)なども配置し、集まる小鳥や蝶、カエルやバッタなどの飼育観察を自然の中で行っています。

原発事故のあとすぐに、全面表土入替えをし、低線量を維持しています。

2021年8月24日 17:10の数値は、0.057μSv/hです。
出典:原子力規制委員会 放射線モニタリング情報共有・公表システム(https://www.erms.nsr.go.jp/nra-ramis-webg/)



H23年度8月 表土入れ替えの様子



大型遊具もいっぱいあるよ




室内型砂場・ブランコ・すべり台の他、ぞうさんお山・ジャンボだぞう・ジャングル・ こどもの家など遊具がたくさんそろった遊び場はおともだちでいつもいっぱい。
仲良く遊ぶこと、順番を待つこと、後片付けをすることなどたくさんのことを学びます。



ミニパーク50

創立50周年を記念して完成したミニパーク50。
ケヤキの木陰とベンチの公園で送り迎えの保護者の憩いの場です。
お母さんたちもベンチでお喋りするのが大好きです。

卒園児4,500人の巣立ちを祝って植えられた中央のケヤキの樹は100周年に向かって大きく育っています。
これからもルンビニーの仲間になってくれるみんなを待ってくれています。



園児用トイレ

園児トイレの個室は、小学校同様の和式もありますが、洋式もあり園児サイズで安心して用をたすことができます。



調理室

年14回実施の給食の配膳の他、預かり保育のおやつを準備したり、夏休みに年長児が行うお泊まり会の食事を準備します。また、毎月の誕生会のおやつも準備するお部屋です。



シャワー室

お泊まり会で汗を流したり、トイレを失敗してしまったときでも安心です。



職員室

園玄関を入ってすぐのところにあり、園児や保護者、来園者の様子が一目でわかり、 園庭も見渡せるよう安全に最善をつくしています。



医務スペース

職員室と同じ空間にある医務スペースに看護師資格のある医務担当の先生がいつも看てくれていますので、子供たちも安心して休むことができます。



園長室

園長先生がいるお部屋は、少し遠いところにあります。
「このお部屋に入る時はきちんとね」園児たちも気を引き締めて入室します。



会議室


父母の会の会議を中心に使用している、2Fにある会議室です。

お母様たちと一緒に、PTAの活動の話し合いをします。
自然光を取り入れた室内は、楽しく話合いができます。



駐車場

大型駐車場


5か所に設置されている駐車場は最大250台が駐車可能な自慢の駐車場です。駐車スペースも広いので楽に駐車ができます。駐車場から登園口までの安全を確保するための 徒歩専用歩道、スクールバスレーンなどを設けてあります。正門前には押しボタン信号機が設置され、横断時の安全と共に、 交通ルールを学ぶことに役立っています。



花壇・フルーツガーデン

園内には四季に合わせた花や緑が彩り、園児たちの心を癒し、成長を見守ります。

令和元年度に完成したフルーツガーデンには福島自慢のくだもの(桃、リンゴ、梨、柿、さくらんぼ、栗、スモモ、ぶどう、フルーツベリー)の果樹が植えられています。
園児が手入れや観察を行い、フルーツ王国福島の素晴らしさを実感します。



サンガーデン

緑でいっぱいのサンガーデンは憩いの場であり教育の場でもあります。20種類の樹木に名札が付いて 木の名前を覚え、飛ぶ鳥・舞う蝶・はねる虫たちはすべて本物。
外には田んぼが広がり、目の前に見える安達太良の山々の美しさは格別、自然を大切にする心がここで育っていきます。